【川村まや】面白い – 官能小説 赤い傘 川村まや

FANZAのエロ動画レビュー

官能小説 赤い傘 川村まや

雑誌【特選小説】全面協力の元、遂にベールを脱いだドラマ企画『官能小説』シリーズ第一弾。

原作者は元CAという異色の経歴を持つ、新進気鋭の美人女流作家・蒼井凛花。

主演は今もっとも熱い女優「川村まや」が教育という聖業と抑えきれない女の欲望との間で揺れ動く女教師を好演。

甘く切なく官能的な映像美で暴きだすエロの本質。

「じゅん…とした…」女教師の蜜壺から溢れ出す淫汁、今夜も女教師和沙はベランダに≪赤い傘≫を下げる。

次回作も撮影好調。

「官能小説 赤い傘 川村まや」の本編動画はこちらから

女優名: 川村まや

こういう作品もいいかも

原作がしっかりしているのかなかなか文芸的な作品だ主人公が教師で大学出のインテリ、一方は中卒のコソ泥という設定。

このギャップがインテリ教師の堕ちる言い訳になっている。

本当はこの男に抱かれたいと思っているのに教師というプライドがセーブしている。

だが一度抱かれてしまうと男の来訪を願うためにサインである赤い傘を出して男を待つ女教師の心情が丁寧に描かれている。

やるだけのAVに飽きた人にはストーリーがあって楽しめる川村の女教師姿も案外決まっている。

お堅い女が段々みだらに・・・

小説を映像化したと言うことで、原作は読んだことはないけど、雰囲気は伝わってきた。

お堅い女教師が侵入してきた男に犯●れて、段々みだらになっていくストーリー。

赤い傘をベランダに出して男を待ち、セクシーランジェリーで迎える姿がそそる。

終盤、キャミソール1枚で男と絡むシーンも印象的だった。

ドラマ仕立ての作品として、エロさに興奮しつつスムーズに見ることが出来た。

女優さんも中々頑張っていたように思う。

リアリティのあるAVも、また興奮する。

非常に良いと思います

良い点1、女優が良い2、ストーリーがしっかりしてる3、キャストの演技がいい特に好きなのは、一度レ●プされた後のシーンで、仕事帰りにレ●プされた時のことを思い出して悶々として帰宅、寝室に行きバイブを手に取りスーツのスカートをまくり上げて下着をずらす。

そしてオナニー。

何とも言えない胸がキュンとくるシーンです。

是非ご覧ください。

暗い・・がいい!!

内容は以下の通り1オナニー極太バイブでオナニー2夜●いみたいな感じで懐中電灯であそこ照らしてクンニ責めイラマ3sexエロ下着でクンニ責めフェラ~正面立位でズコズコ胸射4sex頭ふりまくってシックスナインでフェラ騎乗位で突かれて、バックでも激ピストンポルノという表現が適切ですね正直暗い中でからみで抜きにくいんですがなんというかエロオーラが出ていていいんです官能小説が実写されてということがいい感じで出てます

官能小説ものゆえ期待せずに買ったが・・

冒頭バイブオ◯ニーで自分を慰める川村まや、とても可愛いがメガネが邪魔!悪役の男優吉村文孝に、脅されバイブ攻めされるもまた思い出してバイブオ◯ニーにふける川村まや、可愛すぎ(こんどはメガネなくGOOD!)。

たまらず赤い傘を掲げて吉村を呼び・・55:20頃からの吉村との絡みが猛烈にエロく暴発警報!片ブラ外され乳首舐められ感じる川村まや(可愛い)、なおも後ろからオッパイを揉まれ舐められ「この男の舌使いが好き」と感じまくる川村まや(可愛い)。

四つん這いでマンコ舐められた後フoラ、積極的になる川村まや(可愛い)、手コキで理性が飛んだ吉村が川村まやに襲いかかる。

激しく、激しく川村まやを●す吉村。

男優吉村文孝の熱演(気持ちよかったやろな~ええな~)と川村まやの可愛さエロさに「感動」した!しかし最後のSEXシーンの照明暗すぎて何も見えん・・。

早送りできない濃密な作品

小説の流れを忠実に再現し、もはや小説以上の説得力を持つ作品に仕上がっています。

文字を追わない分、視覚と聴覚のみに集中できるため、一本のいい映画を見ている感じです。

かつて、日活ロマンポルノが全盛期の頃の、ストーリーとエロスの一体感が味わえる近年にあまり見られなかった作品で、今後もこのような小説の映像化が望まれます。

映像に無駄がないため、早送りしづらいですが、たまには最初から最後までしっかりとAVを楽しむのもいいのではないでしょうか。

ただ最後のカラミがもう少し明るい映像であったならという点だけが惜しまれます。

好作品です。

最高傑作

なんと言っても、女優さんが抜群にかわいい。

そして、普段は真面目な女教師ともあろう者がいやらしい秘密を持っていることと、それを暴いた男の見事なまでの言葉と身体による責め。

興奮の一語に尽きる。

文学作品らしい傑作と言えよう。

まさに官能小説

真面目に教師をやっている以外、大人のおもちゃで自慰をするくらいの刺激しかない人生を送っている主人公に起きた官能的な刺激。

空き巣に凌●されることに興奮を覚えた主人公が、どんどん嵌まっていく様を、ちょっと古臭いが小説的な表現で、主人公の内心の一人語りで進ませていくのが、文章で興奮するタイプには堪らないのではないか。

AVなどで良くあるエッチをやるだけやって落ちは無しということもなく、しっかりと完結しているところもいい。

まだ、2作しか出ていないが今後の展開も楽しみなシリーズだと思う。

日本一カワイイAV女優さん

川村まやさんはとてもカワイイ。

今の日本一ですね!この作品はドラマ風でソフトタッチなのですが、今後プレステージ時代のような激しいエッチを見たいと思います。

日本一カワイイ女優さんの日本一エロい作品が見たいです!!

傑作品!

官能ドラマを初めて最後まで見ました。

個人的にストーリーとういうか展開が好きです。

嫌々ながらのエロシーン→興奮してひとりで →求めるSEX。

良かったです。

このような作品をもっと見たいです。

本格的なストーリー

プレステージ出演作でまやさんのファンになりいろいろ出演作を観ています。

本作は本格的な映像で、濡れ場もAVぽくなくリアルな感じでどきどきしながら観れました。

テレビじゃ観れない本格的なエロシーンのあるドラマでよかったです。

ともかく、映像が暗くてハッキリ見えない!!

冒頭の暗いonanieシーンを見て、萎えた。

その後も絡みのシーンはほとんど暗く、これでは…。

一般作品でも、暗いシーンの多い作品、音が小さくてvolumeを最大にしても聞き取りにくい作品など、内容以前にhard的に×の作品に今まで出くわして、イライラさせられたものだけど、本作も…。

中身もそれほど大したことはなく、seyoiさんのレビューに納得。

しかし1点では可哀想なので、2点に。

良かったです

みなさんのコメントどうりです、早送りせず、セリフききのがさせず、じっくり見れます川村まやさんスタイル良いですね。

堕ちる 堕ちる

スケベを内に秘めた女教師の役どころ。

弱味を握られレ●プされる。

スケベな本性が出て、完堕ちするが声を出さずに我慢する。

が、最後には欲望に負けて声をあげてしまう役どころ。

これがギャーギャーうるさくなく自然体で、好感がもてた。

ナレーションを使う演出も良かった。

川村まやは、若いが演技がうまく今後が楽しみな女優さん。

川村まやの熱演

原作は読んだことはありません。

川村まやが女教師の役なんて、期待していなかったんですが、実にうまく演じていると思います。

ナレーションもよかったです。

セックスの喘ぎや吐息も、よかったと思います。

川村まやを見直してしまいました。

本シリーズに期待したいことは、セックスのシーンにもモノローグやナレーションをかぶせて欲しいというところです。

文章表現のエロと映像のエロの両方があって、相乗効果があると思います。

最初の極太バイブでのオナニーシーンだけでも明るくしてほしかった

演者さん達、ストーリー共に素晴らしいです。

光と闇の二重生活が官能的に描かれています。

川村さんが適役で昼間の堅物の女教師と夜の淫らな雌を見事に演じ分けています。

惜しむらくは全体的にオナニーも含む行為の場面が暗すぎます。

確かに昼の顔と夜の顔の使い分けにてコントラストをつけたいのはわかるのですが、折角の淫靡な展開も殆ど見えません。

芸術性に特化した作品にしたいのかな?とも思えるのですがやはりヌキが前提なAVなので魅せ方を間違ってしまうと傑作も駄作と紙一重になってしまいます。

官能小説シリーズ。。最高!

小さい顔で、アイドル級にかわいい「川村まや」美乳・美尻・美脚にきれいなBODY爽やかで明るい笑顔とかわいいアニメ声が魅力の女優官能小説シリーズ。

セリフ以外のエロい語りが素晴らしい!地味な教師が変態な痴●に。

ストーリー&シチュエーションもエロエロで抜群川村まやもかわいいしエロの潜在能力が高い

かわいい主人公

AVっぽくない、しっかりとした作品です。

まやちゃんの演技はなかなかなものですね。

静かなカラミシーンが逆にそそられました。

薄暗い部屋の中、ツンと乳首が上がった綺麗なオッパイが印象的。

面白い

黄色いハンカチの官能版。

そのアイデアはよし。

でもそれ以上でもなし

「官能小説 赤い傘 川村まや」の本編動画はこちらから

タイトルとURLをコピーしました